2009年09月22日

マンションの管理組合について

マンションは住人全員が土地、そして建物の所有者
となるため、管理組合に加入することは必須になり
ます。嫌だから入らない!というわけにはいきません。

とはいえ、普段はそれほど堅苦しく考える必要はない
管理組合。マンションの維持や管理、ルール作りを
行うのが管理組合です。

管理費や修繕積立金の徴収なども管理組合の仕事なの
ですが、多くのマンションでは管理会社と業務委託契約
を結んで、業務を委託しているところが多いです。

多くのマンションでは、年に数回の住民総会が管理組合に
よって開かれ、ここで収支予算案、決算案、事業計画案など
が報告されたり発表されたりします。

管理組合の役員は、持ち回りで1年ごとに交代する場合が
多いので、人前に出るのが苦手という人でも、数回は
まわってくることを覚悟しなくてはいけません。

ただ、実際は役員が積極的な年は住民用のお知らせ回覧板が
多くまわってきますが、消極的な年は総会以外にはほとんど
連絡がない、というのが実情です(少なくとも我が家
が住んでいるマンションではそうです)。

騒音問題などが住人の間で起こった際には、管理組合
の役員が立ち会って解決に奔走したりなど、日常ベース
での仕事が割とありますので、マンションという共同
住宅に住んでいる以上、自分が役員になった年だけでは
なく、常によい環境で生活できるように管理組合に協力
していくことが大切ですね!
posted by kau2000k at 12:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。